返済についてのお話
どうやって返済していくの?
返済の方法はキャッシング会社によって異なりますが、大体ATMなどでの返済、または口座引き落としによる返済が一般的です。コンビニ振込み口座振込みという方法もあります。やりる時は必至ですが返済は億劫になりがちですので手軽に手間がかからない返済が出来るキャッシング会社を選ぶと良いでしょう。

返済方法の種類(キャッシング会社により異なります)

  • 店頭窓口
  • 各社の自社ATM
  • 提携銀行等のCD&ATM
  • コンビニ
  • インターネット
  • 指定口座への振込
  • 口座引落
  • 現金書留での送金

一括返済ってどういうこと?

一括返済という方法があります。キャッシングで借りたお金は、毎月分割で返済していくのが一般的ですが、キャッシングの一括返済では、おまとめローンなどでまとめて一度で完済してしまうことをいいます。

一括返済は、一つのキャッシング会社に一度に返済する場合と複数のキャッシング会社に借入をしている場合、それらをまとめて返済することを指す場合もあります。一括返済を出来るならやってしまった方が、金利の部分を考えてお得と言えます。(返済方法は予めキャッシング会社の返済条件を確認して下さい)

返済したいけど・・・どうしても難しい!

借りたお金ですので返すのが通りなのですが、どうしても無理になってしまう場合もあると思います。そんな時は、債務整理・任意整理を検討することもあるでしょう。自己破産という方法もあります。

色々な方法がありますが、一番ハードルが低いのが「任意整理」です。
この任意整理とは、法律に則った手続きではなく、債務者と債権者間での調整を行うというものです。ただし、法律に基づかないという簡単な側面と法律という縛りがないという側面がありメリットとデメリットがあります。どうしても専門の知識が必要になってきますので、その道のプロに依頼することが必要になるでしょう。

債務整理や任意整理などを行う際には司法書士などの専門家に依頼すると良いでしょう。費用は必要ですが自分でやるよりもスムーズで間違いがありません。

司法書士法人はたの法務事務所
はたの法務事務所。全国どこでも出張相談に対応してくれるので安心です。もちろん相談は無料。お急ぎの方にも年中無休で対応してくれます。司法書士歴は30年、受任件数5,000件以上と実績も豊富。
困ったときに気軽に相談できます。

返済方式ってなんですか?

返済方式とは返済の方法・計算のやり方を指します。ちょっと面倒な言い方が殆どなので返済シュミレーションなどを準備しているキャッシング会社もありますので、そういったものを利用したほうが明瞭です。

1、定額方式
・定額リボルビング方式
毎月の返済金額を設定して、返済残額の利息と合わせて支払う方式。例えば、1万円を月返済額と設定した場合、1万円プラス返済残額に対しての利息となります。

・元利定額リボルビング方式
毎月の返済額を一定額支払い、利息を引いた額を返済残金にあてます。つまり、1万円月返済額と設定した中に利息が含まれ、その利息が1000円なら9000円が返済残額から差し引かれます。

2、定率方式
・元金定率リボルビング方式
借入残高に予め決まった定率(%)を支払い、プラス利息を合わせて支払います。借入額が10万円で定率が2%なら、2000円が支払額で10万円の利息と一緒に支払います。翌月の借入残高は98,000円となります。

・元利定率リボルビング方式
借入残高に利息を加え、その合計に予め契約した定率で支払いを行います。借入額が10万円で年率12%なら、10万1千円となりこの金額に契約の支払い定率、例えば5%とすると5050円が支払い額となり、翌月の借入残高は95,950円となります。

3、残高スライド方式
・残高スライド定額方式
予め借入額に対してランク分けがされている場合が殆どだと思います。例えば、借入額が10万円を超えていたら月々の支払いは2万円で、それ以下なら1万円という感じ。

・残高スライド定率方式
スライド定額方式が定率に変わっただけです。例えば、借入額が10万円を超えていたら月々の返済割合は10%で、それ以下なら5%といった具合。

かなり面倒くさい感じですが返済の方式は、しっかり理解していた方が後々困らずにすみます。よく理解できない場合は、問合せて見ると良いです、丁寧に教えてもらえます。

キャッシングにも種類があります。比較してみて下さい。
おすすめメニュー
(キャッシングの比較)
基礎知識
(キャッシング情報)
その他
当サイトについて
キャッシング会社
掲載一覧
ご注意:
当サイトに掲載しているキャッシング会社の情報、キャッシングに関する記事を含むすべての内容には、細心の注意を払っていますが、その正確性は保証いたしません。特に金利や返済条件などのキャッシングの条件に関しては、リンク先のキャッシング会社(消費者金融、銀行等)のホームページで確認してお申込み下さい。
copyright © 比較キャッシング.jp All Rights Reserved.